成長に必要な日光まで遮断してしまう

ブルーライトカットメガネは人の目に見える光の中で青色の光を遮断する加工が施されているメガネです。ブルーライトは可視光線の中でもっともエネルギーが強く、長時間見続けると眼精疲労を引き起こすことがあります。ブルーライトはパソコンやスマホのモニターから生じる光に含まれているため、仕事でパソコンやスマホを長時間使う人にとってブルーライトカットメガネは目を守るための必需品と言えるでしょう。ブルーライトは日光にも含まれていますが、細胞の成長に必要なエネルギーを含んでいる事実は無視できません。目の状態を良好に保つ日光まで遮断する形になるため、無暗に使い続けるのは視力の低下など却ってよくない影響をもたらすと言えるでしょう。

体内時計にずれが生じる

多くの人は朝になると起床し、夜になって就寝します。これは日光に含まれているブルーライトが人体の体内時計に作用しているためと言われています。日光を浴びることで快適に目が覚める他、日没になると自然に眠気を感じるようになるのです。ブルーライトを長時間浴びると体内時計がずれてしまい、不眠の状態になるので良くありませんが、その一方で日中の屋外でブルーライトをカットするのも体に良い行為とは言えません。体内時計がずれてしまい、寝不足からの体調不良におちいるおそれがあります。特に子供は成長期の体調不良が重大な健康被害に至る可能性があるため、日中はブルーライトカットメガネの使用を避けるのが賢明です。また、パソコンやスマホの長時間使用も控えます。

形状記憶合金をフレームの素材に用いためがねが存在します。柔軟性に優れているために壊れにくいことがメリットです。