紫外線カットメガネの特徴

日光が照りつける夏、肌の日焼けも心配ですが、目の日焼けも心配ですよね。紫外線は角膜に炎症を起こすため、日光の当たった目は痛くなったり、充血したり、涙が出たりします。そのままダメージが蓄積して行くと、白内障などの怖い病気を引き起こして失明することも。通常、光の影響を防ぐためにはサングラスや紫外線カットメガネをかけますが、両者の違いをご存知ですか? 実は、サングラスが紫外線を防げるかといえば、そうとも限りません。サングラスの用途は光の眩しさを減らすことであり、カラーレンズはあくまでも目に入る光の強さを弱めるものなので、人間の目に見えない紫外線を防ぐことはできません。つまり色つきの程度と紫外線カットができるかどうかは関係がないのです。今回は紫外線対策に特化した、紫外線カットメガネの特徴に触れていきます!

紫外線カット眼鏡とは?

紫外線カット眼鏡はグラスに紫外線吸収剤を練りこむか、コーティングをするといった加工がされています。最近ではこのような加工のあるサングラスもありますが、紫外線カットメガネは紫外線を防ぐことを前提として作られています。また、見た目は眼鏡と同じなので、サングラスよりも利便性が高いのが強みです。室内でつけていても浮くことはなく、またサングラスでよくあるスマホやテレビが見えにくいといった問題が起こりません。 販売店ではUV380、UV400といった表記もありますが、これは数字が大きいほど紫外線をカットする力が高くなることを示します。コスパ重視であれば百円ショップでUV400(紫外線99%カット)のものを手に入れることができますし、おしゃれを重視したい場合は眼鏡屋さんで探すこともできます。このように紫外線カット眼鏡の入手は難しくないので、自分の使い道に合ったものを探してみてください。