コンタクトレンズをしていても着用できる

いくらブルーライトによる影響を承知していても、もともと視力が良く眼鏡を着用した経験がない人や普段コンタクトレンズを使用している人は、メガネを新たに着用することには抵抗があるでしょう。しかし、ブルーライトカットメガネの中には通常の眼鏡と違って度が入っていないものもあります。一日中眼鏡を着用する必要はなく、パソコンを使った長時間の作業をする時などの必要な場面でのみ使用することが可能です。わざわざブルーライトカットメガネを着用するために、コンタクトレンズを外す必要もありません。自分の好きなタイミングで着脱することが可能なので、ブルーライトの目への影響は心配だけどわざわざメガネを着用するのは面倒、という人にも適しています。

着用して得られる効果

ブルーライトカットメガネをかけることによる効果は主に2つあります。1つ目は、目の疲れや身体の不調を改善することです。ブルーライトカットメガネを着用することで、画面の眩しさやチカチカを軽減することが出来ます。眩しさが軽減されることによって、着用前よりも目の疲れが改善されます。また、肩や首のこりや、片頭痛などと言った症状の改善にもつながります。2つ目は、画面の中の文字が見やすくなることです。文字輪郭がぼやけて見える原因の一つであるブルーライトをカットすることで、画面上の文字のぼやけがなくなり、見えやすくすることが出来ます。上記の2つに加えて、睡眠の質の改善も期待されているほか、紫外線をカットする機能がついているものもあります。